INEH の沿革

Group History 

 

英国ロンドンに本部をおくINEH(International Network of Energy Healing)は、1960年代にエソテリック・ヒーリングの実践と学習に携わる学ぶ人達で形成されたグループからその歴史が始まり、現在は世界各国にそのネットワークを広げつつあります。英国内では、チャリティ登録 (1032492) がなされ、The Confederation of Healing Organisation (CHO)の加盟団体でもあります

 

初期の歴史 ― ブレンダ・ジョンストン女史の記憶に基づく

1960年代に約40名の「ヒーラー」のグループがポーツマス地域(イギリスの南海岸)で活動していました。彼らは接触によって行うタイプのヒーリングを使っていました。ある段階で、グループのメンバーの1人がエーテル視力を発達させました。その彼はクライアントの周りのエネルギー・フィールドや、ヒーラー達の手から流れるエネルギーを見る事ができ、クライアントのサトルボディーに有効な変化が起きているのを見ることが出来ました。彼はそこで、テレパシーによって、ヒーリングの源(ソース)を繋がることで、クライアントの魂に「『チューニング』を合わせる」こと)、導きの声を聞くこと、そして肉体にではなく、肉体から一定の範囲で離れた所にあるエネルギー・フィールドだけに働きかけることをグループに指導し始めました(それまでそのような事は誰もしていませんでした)。第二次世界大戦の当時、彼はレーダー科学のバイオニアとして、放射能や電波を理解する者の稀な1人でした。おそらくそのおかげで、彼は7つの主要センターと49のマイナーセンターを「みる」ということをし、それらに働きかけるというワークを始めたのです。他のメンバーは、エネルギー・フィールドを見る事はできませんでしたが、彼の指示に従うにつれ、徐々に手でエーテル体を触知することが出来るようになっていきました。

 

ある日、部外者がグループに参加し、その所作を観察して、その彼がアリス・ベイリーの本『 秘教治療 (Esoteric Healing) 』で読んだ内容に酷似していることに驚嘆の声をあげました。そのグループの中では誰一人としてベイリーの本の事は知りませんでした。そのグループのメンバーの1人、のちに私達の創設者となる、ブレンダ・ジョンストンがそれに興味を持ち、エソテリック・サイエンス(秘教科学)を学ぶため、1966年にアリス・ベイリー設立のアーケイン・スクールに入りました。

 

1973年頃、彼女はダグラス・ベイカー博士に招かれ、ロンドンの「ヨガと秘教科学の祭典」において「 秘教治療のテクニック」に関する初めての講演を行ないました。それ以来、彼女はアメリカやカナダにも招待される事になりました。アメリカの人達は、より細かい実習を交えたワークショップをするよう彼女を後押ししました。彼女にとっては、そんな事をするとは思いもよらない事でした。彼女のエソテリック・ヒーリングの最初のパート1のクラスは、1974年、ダラスでの祭典にて、参加者75名で行われました。1977年にはドイツの スピリチュアル・ヒーラー連盟が彼らのアウグスバーグ会議にて、パート1を教えるように彼女を招聘し、その後の7年間、彼女はドイツ、スイス、そして南アフリカで教えました。

より最近の歴史 ― エソテリック・ヒーリングを伝える国際的ネットワークへ

1980年2月、ハンズオンのスピリチュアル・ヒーリングを行っていたダイナー・ローソンは、ブレンダが講演者の1人として登場していた、全国スピリチュアル・ヒーラー連盟のボーンマス年次総会に参加しました。ダイナーは、ブレンダが自分が探し求めている情報を持っていることに気づきました。

 

ダイナーはクライアントに触れる前に、その身体の周りに「エネルギー」を感じていたからです。ミーティング会場が遠く離れた場所であったにも関わらず、ダイナーはブレンダが自分のすぐ近所に住んでいる事を知り、ブレンダから全てのコース(当時は全3コース)を受講しました。そして、彼女と一緒に実践するようになり、1982年9月にイギリス南東部で最初のパート1を開催しました。のちに、ブレンダはより後ろへ身を引き、2002年、国際的なコーディネート・グループができる迄の間、ダイナーがINEHのコーディネーターを務めました。

「International Healing and Research Network(ヒーリングとリサーチの国際ネットワーク)」 が創設されたのも1982年でした。1993年にその名前は、イギリスでチャリティー団体として登録された時に「International Network of Esoteric Healing (INEH) (秘教治療の国際ネットワーク)」  に変更されました(※)。2008年の時点で、世界中に約100人のエソテリック・ヒーリングを教える教師が在籍し、魂に基づいたグループでのワークを広めています。教師陣の国際会議は、毎年開催され、毎年ごとに異なる国の主催で実施されています。今や、国際的なエソテリックの教師やプラクティショナーのネットワークが開花しているのも、ブレンダ・ジョンストンのバイオニア的な働きのおかげです。

日本国内での広まり ― 

日本で知られている小さな情報としては、著名なオステオパスで「いのちの輝き」の著者、ロバード・フルフォード博士が「サトル・オステオパシー」の中で、ブレンダ・ジョンストン女史との交流の中でアリス・ベイリーを知るようになったというエピソードがあります。彼は、彼のもとで学ぶ後進のオステオパス達にもアリス・ベイリーの書籍を全巻読みなさいと進めています。2000年12月以降、日本で初めて INEHの基礎カリキュラムを教え始めたトム・シェイヴァーD.O もその1人で、国内でエソテリック・ヒーリングの実践が伝えられたのには、トム師の貢献が大きく関与していることが、日本のオステオパスや手技療法家の間ではよく知られています。当時は、1年〜2年に1回、1年1パートのペースの開催でした。近年そのような学びを続けてきた日本の生徒さんの中から、エソテリック・ヒーリングを更に深く学びたいというニーズが沸き起こり、現在のように海外と同じ2年制(半年おきにパート4まで)を前提としたトレーニング形式になったのは2014年からです。

 

※ 現在は、2014年に「International Network of Energy Healing (INEH) 」と名称変更されています。実質扱っているのは Esoteric Healing(秘教治療)です。旧名称「International Network of Esoteric Healing (INEH) 」