Guideline

推奨ガイドライン

■ 推奨されるガイドライン

各パートを履修した時点で、生徒が臨床の現場でエソテリック・ヒーリングのセッションを他者に行う場面として推奨される範囲は下記の通りです。(生徒の経験や習熟度や特性によるため、およその参考とご理解ください)

◉ パート1〜2修了時点

生徒同士や勉強会での練習の範囲に留める。

クライアントに対してワークを提供しない(メニューに載せない)

 

◉ パート3修了時点

クライアントに対して行う場合、ケーススタディ(モニター)セッションとしての提供であれば可。

 

◉ パート4修了・基礎カリキュラム修了

通常のメニューとして一般に提供できる。

(補足)

パート2を終えた時点では、生徒は「エソテリック・ヒーリングの初歩教育までが提供されている」状態です。小学生の国語学習に例えると「鉛筆の持ち方だけを教わった」段階から「五十音の書き方を練習している」段階です(=単語の意味を理解したり、作文を書くことは難しい)。この時期は自身のアラインメントを丁寧に行う訓練を重ねることが最優先です。トライアングルをツールとして駆使する以前に、クライアントの状況や治療に必要なことを触知するスキル&感性を高めることが課題であり、他者に対しても、また自分自身に対しても、安全にワークができる素質を育てる段階となります。よって一般の人にセッションを提供するのは、パート3以降が推奨されています。パート4を履修しても個人のスキルがどこまで育つかは、毎日の積み重ねや個人のエゴのなさ次第であり、基礎カリキュラムの卒業が「どんな人に対してもエソテリック・ヒーリングを実践できる」という、一定の質を保証するものではありません。(生徒の経験や習熟度や特性によるため、およその参考と理解してください)

 

 

→ Next  開催日程

 

→ Back  基礎カリキュラム内容

→ Back  コース概要